面白い仕事ができるプログラマの独立

プログラミングは、奥が深い分野です。高度な開発になるほど、高い技術が求められます。プログラミングに強い興味を持ち、実力を磨いてきたプログラマは、他の技術者よりも詳しくプログラミングの事を理解しています。優れた開発能力を駆使し、ソフトウェア開発などの仕事に従事できます。しかし、実力に見合った仕事に必ずしも就けるとは限りません。

高度なプログラミング能力を持つ技術者にとって、ありきたりな開発の仕事ではすぐに飽きてしまいます。また仕事で実力を発揮できないために、開発能力が低下する可能性もあります。そこで、実力にあったふさわしい職場を選ぶのが大切です。仕事に面白さを感じられるかどうかが、プログラマにとって成長につながります。ソフトウェア開発会社に所属して開発に携わっていると、組織が優先されがちです。そのため、たとえ面白いと感じられるプログラミングのテーマを発見したとしても、その開発に携わることができるとは限りません。

面白い開発テーマに常にかかわって仕事をするなら、独立し自由になる手があります。会社に属さず、フリーの立場になれば、自らの意志でどの開発の仕事に関わるかの選択肢が得られます。独立してプログラミングの仕事を続けるには、困難も待ち構えています。しかし、そのような困難を引き受けてでも、面白いと感じられるような仕事を優先できるメリットが大きいです。独立して面白さを取るか、あるいは安定した職場を取るかの判断分かれ目があります。

Blog Home