独立して苦労するプログラミング以外の業務

ソフトウェア開発会社でプログラマとして働いていて、スキルに自信を持つのであれば、独立するのも方法です。自らの意志で自由に仕事が選べ、働くことにやりがいが感じられます。

ただし、フリーになってこそ分かる苦労もあります。独立してみると、会社で務めていた頃には、大勢のスタッフに支えられていたことがよくわかります。フリーの身では、一人で何でも業務をこなさなければなりません。営業や経理など、本来のプログラミングの仕事とは関係のない仕事もこなす必要があります。こうした苦労は、会社で働いていた頃にはあまり実感がありません。

そこでフリーのプログラマーとして仕事を始めるには、苦手を解消する必要が出てきます。一人で何でもこなせるよう、経験を事前に積んでおくと安心です。フリーの立場になった機会に、営業や経理といった業務をこなしていると、会社にいた頃のスタッフたちの有り難さが身に染みて分かります。フリーとして活動することの苦労は、大きいです。しかしこうした煩雑な作業を経験しているうちに、次第に要領が分かってきます。

フリーになったばかりの頃は失敗続きであった仕事も、やがては難なくこなせるでしょう。始めは苦労しても、着実に成長しています。そのため、独立して始めの頃は、多少は苦労してもあきらめないのが肝心です。いずれはフリーの仕事にも慣れてきて、立派なプログラマとして活躍できます。他のフリーの人たちも、同様の経緯を辿っている場合が多いのです。

Blog Home