プログラマが独立する際の注意点とは

技術に自信のあるプログラマが独立することは、よくあるケースです。その際には注意すべきことが数多くあります。まず会社というバックボーンが無いので、自分で営業活動を行うことが必要となります。

技術力だけあれば仕事が来ると思っている人は要注意です。信用力を得るまではとにかく実績を作ることが必要となります。かと言って、相場よりも安い単価で請け負う安売りは避けたいところです。都合良く利用されるだけの存在になりかねないからです。まずは相場の単価を良く調べることも必要となります。そして仕事を請け負うことになれば、必ず契約書をきちんと作成することが大事です。後で未払いなどのトラブルが起きないようにするためですが、クライアントの利益を確保する意味合いもあります。

また、自分の技術に自信を持ち過ぎるのも要注意でしょう。仕上がりに満足しても、それがクライアントが求める品質のものかどうかは別問題となります。的確に求められる仕様を把握し、それに応えることが大事です。時に自分のやりたい仕事内容では無いこともあるでしょうが、割り切りも必要です。また、時間を自由に使うことができる反面、その管理は非常に難しくなります。下手をすると休みをほとんど取らずに仕事に取り組むようなハードワークが続くことにもなりかねません。複数のクライアントから仕事を請け負う場合には、そのスケジュール管理も自分でしっかりと行うことが必要となります。

Blog Home