プログラマが独立した場合の仕事の探し方

数あるIT系の仕事の中でも、プログラマは比較的仕事の属人性が強く、また個人で完結させられる内容が多いため必ずしも皆が集まってオフィスで仕事をする必要がない仕事とも言えます。また打ち合わせもネット経由やメールを使ってのやり取りがしやすいので、独立をして個人事業主やフリーランスで稼ぎたいと考える人も居るでしょう。

しかし独立をするとなると色々な自由や報酬の高さと引き換えに、安定性は一気に失われます。毎月の固定の収入がなくなり、仕事は自分で探すことを強いられます。そのようなことは独立前でも頭では理解している人が多いのですが、いざその状況になってみると仕事を見つけられずに焦ってしまう人もいます。

ではどうしたらフリーになった後に仕事を見つけられるのでしょうか。まず大前提として会社員時代に得意先を持っておきましょう。自分のスキルを信用してくれていて、毎月もしくは定期的に仕事を得られる相手です。人によっては元の仕事先がそういう存在になる場合もあります。最低限の収入の確保が出来るだけでも、精神的には随分違うので、しっかりと確保しておきましょう。

そして今探しやすいのはクラウドソーシングです。クラウドソーシングサイト上には開発案件や制作案件を色々な会社が出しているので、それに応募し収入源とします。そこで信頼を得ることができれば定期的に仕事をくれる可能性もありますし、仕事を紹介してくれることもあります。クラウドソーシングの活用はフリーランスで働く人には必須です。仕事探しをプロに任せるメリットや独立前準備の情報は「集まれ!独立志望プログラマ」がきっと役にたつはずです!

Blog Home